• バイナリーオプションは24オプション!
  • FXはアイフォレックス!

投資をするときの心構え

FXもバイナリーオプション取引も、成功することもあれば、もちろん失敗することもあります。失敗するということは、儲からないということです。では失敗する、儲からないトレーダーにならないためには、どうすれば良いのでしょうか。


投資の基本は、それが株や外国為替証拠金取引(FX)であっても、一発で大きく儲けるのではなく、小さくコツコツと儲けることです。つまり連戦連勝や、一回で大勝を狙ってはいけないのです。


そして投資で儲けるためには、その逆をすればよいのです。それだけで、儲かる確率は、格段に高くなります。そのことを基本として頭のなかに入れておきながら、失敗してしまいがちな例を挙げてみましょう。これから挙げる例を避ければ、必ず儲かるとは言いませんが、御おまけするリスクがだいぶ少なくなるでしょう。


FXで大負けする事例


1,細かい取引を繰り返して、やっと貯まってきた利益を、1回のトレードでほとんど失ってしまった。


2,ポジションが負けているにも関わらず、損切りの決断がつかずに放置した結果、損失が拡大して、さらに損切りができなくなってしまった。その結果、スワップ金利が発生するからという理由をつけて、無理やり納得している。


3,重要な経済指標が発表される前に、ある程度予測をしてポジションを取り、その予想があたったにも関わらず、なぜか為替相場は、予想とは逆の動きをしてしまった。ポジションについての詳しい説明はこちらからクリック


4,結果的に、レンジ相場の中で、何回もやられてしまった。


5,損失を取り戻そうとして、1回あたりの投資金額がどんどん大きくなり、その結果さらに損失が拡大してしまった。


6,あらかじめ指値での注文を出しておいたが、その一歩手前で相場が反転してしまったために、利益の確定ができずじまいになった。


7,全体的なトレンドを予測して、その流れに乗ってポジションをとったにも関わらず、短期的な反対側への動きに不安になり、そのポジションを売ってしまった。その動きを繰り返したことで、最初のポジションのままなら、大きく利益がでたところを、結果的にはほとんど利益をあげられずじまいになった。


8,その取引を始めるときには、しっかりと損切りのルールを決めてストップロス注文を入れておいたのに、その後に欲を出してしまって、ストップロス注文を解除したことで、結果的に損失が拡大して、損切りもできずにそのポジショを持ち続けることになってしまった。


9,自分の資金でとることができる最大限のポジションを1回のトレードでとってしまったために、相場が少しだけ予想と逆に進んだだけなのに、損失が大きくなってしまった。


10、上手くトレンドにのって大きく利益を出したのに、その後に調子に乗って、派手な売買を繰り返したことで、その儲けのすべてが無くなってしまった。


11、雑誌やネットに掲載されている予想や、有名な評論家が言ったことをそのまま信じてポジションをとって、外れてしまった。


12,自分の予想と、周りに目に付く予想が違ったために、自分の予想通りではなく、周りの予想に則ってポジションを取ったが、結果的に自分の予想の方が正しかった。


これらの失敗をするのは初心者に限りませんが、経験が少ない分だけ、初心者が陥りやすい失敗例です。このような失敗を少しでも減らすことが出来れば、FXで利益が出せるようになるでしょう。


 

 



FX取引は少ない元手(証拠金)から取引ができるのも特徴です。

1万ドルを取引するのに1万ドルという大金を支払う必要はありません。日本の取引業者では、日本円で5万円や10万円の少額証拠金から取引が始められるところがたくさんあります。

少ないお金を元手に大金を動かし、大きな利益を得ること、これがFXの最大の魅力です。取引を始めるのは難しいことではありません。

インターネットで調べるとたくさんの取引業者がありますから、申し込みをすればすぐに始められますし、わからないことがあれば、親身になって教えてくれます。安心して取引を始めることができます。